特集ロゴ

良いと思ったからオススメしたい「朝倉さや」とは


朝倉さや

【公式サイトより】
大きなメガネと笑顔がチャームポイントの"山形弁の歌姫"
2013年のデビュー以降、オリコン•iTunes•USEN•Amazon、またYahoo映像トピックスなど
名だたるランキングで1位を獲得。
CDセールスは5万枚超え。日本の伝統文化の頂点"民謡日本一"に2度輝きながら
「オリジナル×民謡」「名曲×方言」など様々なジャンルを発表
2015年「伝統×最先端」ではレコード大賞企画賞を受賞。
ワクワクを探すべ〜!をテーマに底抜けの楽しむ力を体現中。

朝倉さや インタビュー

2016年7月3日(日)
広島初上陸イベントに合わせて取材させていただきました。
お誕生日を迎えられたばかりということで、広島本をプレゼントしました。

民謡は日本の素晴らしい文化

-本日はお時間をいただきまして、ありがとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

-以前に安住紳一郎アナウンサーのラジオ番組で「民謡歌手ではない」と ご自身で言われていましたが、ジャンルとしては何になるのでしょうか。

朝倉さや

そうですね、”シンガーソングライター”になると思います。

-小学2年生から民謡の練習をされていますが、山形で練習をするとなると、 やはり全国の民謡の中でも、山形に限定されるのでしょうか。

山形出身で、山形が好きなので、山形の民謡がやはり多いのですが、 練習の過程で炭坑節など他県の民謡を学ぶこともあります。
”民謡は日本の素晴らしい文化”だと思います。

進化し続ける”朝倉ミュージック”

-少し踏み込んでお聞きしたいのですが、今後の活動についてです。
民謡を広く知ってもらいたいという発言が多い中、朝倉さんは民謡を アレンジして音楽活動をされているわけですが、最終的には原点である 民謡に戻っていくことになるのでしょうか。

「River Boat Song」がそうですが、日本の民謡を知ってもらうために どうしたら良いか…。知ってもらうきっかけになれば…という想いで プロデューサーのsolayaさんと考えて「民謡+最先端音楽」というアレンジをやっています。

朝倉さや

ただ、枠にはめる必要はないと思っていて、私の音楽で民謡を知る方もいれば、 アレンジした音楽が好きだという方もいて良いと思うんです。

どこに着地させるという事は考えていなくて、私の歌を聴いてたくさんの人が 元気になったり幸せになったらいいなと思っています。

まだ誰もやったことがない事をやるのって、ワクワクしますよね。
これからも色んな音楽が生まれると思いますが、楽しんでやっていきたいです。

ようこそ広島県へ

-朝倉さんは出身地の山形だけでなく、静岡県でもブレイクしていると 聞いていますが、他県の人間からすると羨ましいです。
ぜひ広島にもたくさん来てほしいです。

様々なご縁があって、色んな活動をやらせてもらっています。
なので、広島も今回初イベントが出来ましたし、こうやって取材も受けられた ということで、1つ1つの出会いを大切にしていきたいです。

朝倉さや

-ちなみに広島のイメージはどういうものだったのでしょうか。

「もみじ饅頭」の中にも「生もみじ」というものがあると聞いて、 広島土産でもらったことがあって以前に食べたことがあります。
ものすごく美味しくて「こんな美味しいものがあるのか!」と驚きました。
今日はお好み焼きを食べて、生もみじを買って帰ろうと思います(笑)。

「山形」と「故郷(ふるさと)」

-ネットの反響を見てますとデビュー曲である「東京」で紅白に出てほしい という意見をよく見かけます。 地方から上京してきた方が多いので、 たくさんの方に共感されたと思うのですが、歌詞に「山形」とはっきり入れられたのは 何か意図があるのでしょうか。

確かに歌詞の「山形」を「故郷(ふるさと)」と変えることもできました。
私は作曲をやったことがなくて、何も分からない状態から曲作りを始めたのですが、
solayaさんの音楽教室で「自分が感じていることを、そのまま表現したらいい」
と言われて、自分の日記を読み返しながら作りました。

私は山形が好きで、そのままの自分を表現しようとしたら「山形」と書いていました。
私の故郷(ふるさと)は山形なので。
歌詞では「山形」と書いてはありますが、人によって「広島」だったり 「静岡」だったり、自分のことに置きかえて聴いていただければと思います。

誰かに寄り添えるような音楽を…

-最後に直近の目標(○○がしたい、なりたい)とその先の野望について お聞かせください。

誰かに寄り添えるような、誰かを元気づけられるような歌を歌っていきたいです。
1つ1つのライブも大切にしたいです。

-それは恒久的な話にも聞こえますが、具体的に何がしたいという欲求はないですか?

朝倉さや

そうですね。大きなところでライブをやってみたいというのは ありますが、目の前のことに全力で取り組んでいきたいです。
きっかけであったり、チャンスであったりというのは、いつやってくるか分かりませんから、 その時に自分の力が出せるようにしておきたいです。
夢は1人では叶えられませんし、常に感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいです。

-ありがとうございます。実はインタビュー前にフタバの特集ページについて、 朝倉さんご本人からアドバイスをいただいたのですが、そのやり取りの過程で
「この人は頭の良い人だな」と感じていたんですね。なので、色んな活動や 発言も色々計算されているのではないかと思っていたのですが…

(笑)

-もっと奥深い部分といいますか、裏表があるのでは?などと 考えて色々と意地悪な質問も用意していたのですが(苦笑)朝倉さんと話していたら 心が洗われたというか、こちらの毒気を抜かれてしまいましたね。
みんな朝倉さんと定期的に話してカウンセリングしてもらうといいかもしれない。

(爆笑)ありがとうございます。

(マネージャーさんより)
凄く努力している子なんですよ。
歌番組に出るとか大きな会場でライブをするという話にしても「まだまだだな…」と自分に厳しく 思っちゃう子というか。

-そうですね…朝倉さんに関わった方々がファンになっていくのが良く分かりました。
本日はありがとうございました。

朝倉さや

※聞き手&撮影:フタバ図書 吉賀真悟

↑ PAGE TOP

 

「フタバ図書」と「朝倉さや」が起こす化学反応

2015年は複合書店(書店でありつつ、音楽やゲームなど、
それぞれの分野で専門性を高めた書店)とアイドル産業という、
小売業ではあまりない組み合わせで色々な企画を行い、現在も続いております。

2016年も引き続き「良いものは良い!」の精神で
様々な分野の掘り起こしを進めていきたいと思います。

まだ今から色々と詰めていきますが、彼女の活動を支援していくとともに、
素晴らしいアーティストがいることを、広める手伝いができればと考えております。

公式ツイッターで紹介いただきました

2016年6月30日。まだ予告ページの段階で
朝倉さや公式ツイッターで紹介いただきました。ありがとうございます。

@natsunoyama

ツイッター

↑ PAGE TOP

 

DISCOGRAPHY

(弊社通販サイトでも購入できます)

↑ PAGE TOP